あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

心の傷。

こんにちは。nicosaです。 今日は、この7月ずっと考えていたこと、夫の暴力について、わたしが気付いたことをお話しします。 わたしの夫は、 自分の母親が、 自分の祖母から暴力を受けるという そんな家庭に育ちました。 その小さな心の中は、 とても傷つい…

自立と共生。

こんばんは。nicosaです。 役所に行って来ました。 離婚届の用紙をもらいました。 離婚の手続きと一緒に、 自分の戸籍を作る手続きを してみようと思います。 作る戸籍の 「本籍」の下に記載される「氏名」は、 わたしの父でも、夫でもなく、 自分です。 姓…

家族のかたち。

こんばんは。nicosaです。 三浦春馬さんが、亡くなりました。 cicoが、登校前にぽつんと言いました。 「実家に誰もいなかったんだって。」 「三年前におばあちゃんとお母さんが家から出て行って、」 「そのあと、しばらくして、お父さんも家を出て行ったんだ…

連鎖。

こんばんは。nicosaです。 家族の歴史は繋がっていると、そう思えた出来事のこと。今日は、主人と主人の家族とわたしとcicoのお話です。 この前、義理母に相談をしようと思って、 義理母と同居している姪に、LINEで、 おばあちゃんいる?と聞きました。 義理…

こころ。

こんにちは。nicosaです。 雨の日が続いています。 高校2年生のときに読んだ 表紙の色が色褪せた 夏目漱石の「こころ」を、 何十年かぶりに 本棚から取り出しました。 雨が降り続き、 目に見えないところで、 地球の何かが変わっていく。 地球は、 人間と一…

自分。

こんばんは。nicosaです。 今から10年前。 2010年の8月のことでした。 引越しの荷造りをしていたわたしに、 お酒を飲んだ主人が、 引越し荷物のダンボール箱を投げつけてきました。 わたしはびっくりして、 何を言ったのか よく覚えていないのですが、 何か…

Jリーグ再開。

こんばんは。nicosaです。 2020年7月4日、 サッカーJリーグ(J1)が再開しました。 その同じ日、 ガンバ大阪の遠藤保仁選手(ヤットさん)が、 J1通算最多出場記録を達成されました。 ヤットさん、おめでとうございます! 記録は632試合出場で、 そのうちの…

焚書と地中の図書館。

こんにちは。nicosaです。 1933年5月10日、40,000以上の人が集まったベルリンのオペラ広場(Opernplatz)で、「彼らの書物を焼き払う」との演説が行われ、 その同じ日、ドイツの34もの大学都市において、国家主義者の学生がトーチを掲げながら「非ドイツ的魂…

アイ色に染まっていく。

おはようございます。nicosaです。 車に乗っているときは、bluetoothでスマートフォンと車のカーナビを接続して、スマートフォンの音楽を車で聴いています。 いつもなら、 わたしが作ったプレイリストの曲が 流されるはずなんですが… スマートフォンが古くな…

違う自分と重たいカバンをぶら下げて。

こんにちは。nicosaです。 いつもより責任のある仕事を任されて、 ちょっと頑張らなければならなかった、 2014年〜2015年。 毎朝、通勤途中に、 同じ曲を聴いていました。 スポーツ選手が「試合前に聴く曲」みたいな、 そんなかんじだったんだと思います。 …

整理する。

こんにちは。nicosaです。 最近、自分の周りの空気感が変わった気がして、何が前と違うんだろうとずっと考えていたのですが、やっぱり周りは何も変わっていなくて、変わったのは自分の方なのかもしれないと、昨日、ふと思いました。 いやだ、いやだ、怖い怖…

僕がついてる。

おはようございます。nicosaです。 高校三年生の時、 学校をさぼって、ひとりで、 よく行っていた場所があります。 そこから、飛行機を見ていました。 離陸するたびにドキドキして、 着陸するたびにホッとする。 小さい頃この近くに住んでいて、 何度も見か…

縷々。

こんばんは。nicosaです。 会社を辞めることを報告するために、 5月の下旬頃、 元上司のAさんに、メールをしました。 わたしがどうして会社を辞めるのか、 Aさんには、 きちんとご報告しておかなければいけないと そう思ったからです。 はじめてお会いしてか…

明るく、はっきり、ゆったり。

こんにちは。nicosaです。 不思議なのですが、 夏至を過ぎてから、 わたしの周りの空気感が、 夏至前とは違うものに変わったような そんな気がします。 何も変わっていないように見えるのに、 歩く人も、対向する車も そこにある建物も、 どこかが違う気がし…

雨の日に。

お久しぶりです。nicosaです。 祖母が、 この世界から居なくなって、 早いもので、7年が経ちます。 祖母が旅立つ前、 一番最後にわたしに話してくれたこと。 そのことばの意味。 やっと分かった気がします。 これを、わたしに伝えたかったんだ… 2013年の冬に…