あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

ツインソウル

二足歩行障がい

こんばんは。nicosaです。 この前、「わたしは『支援』という言葉と『リベンジ』という言葉は、あまり好きではありません」と書きました。 それは、軽度の知的障がいのあるわたしの甥が、その言葉を、頻繁に使うからです。 甥は、「数字」にかかわることは得…

cicoの夢

こんにちは。nicosaです。 2020年の夏。 大会も、合宿や遠征も なくなってしまったcicoでしたが、 その頃、 活動を中止をしていた 所属する女子サッカーチームの 練習が再開し、 チームのみんなと練習ができるようになり、 cicoは、とても うれしそうにして…

わたしの嫌いな人

こんばんは。nicosaです。 今日は、わたしがずっと嫌いだった人、ずっと好きになれないでいた人のことをお話しします。 わたしは、 小さい頃からずっと 自分の祖父(母方の祖父)のことを 好きではありませんでした。 すぐに手をあげる人で、 口数が少なく、…

ハブラシ

こんばんは。nicosaです。 わたしの祖父は戦争中、北京へ兵隊に行っていたと祖母から聞きました。 敗戦後は、歯ブラシのメーカーに勤めました。仕事は営業でした。 今日は、宣伝カーと呼ばれた社用車に乗って敗戦まもない日本中を走り、歯ブラシの販促活動を…

龍のなみだ

こんばんは。nicosaです。 いつもその前を通る小さな朱い鳥居。その鳥居は、最近修復されて色鮮やかな朱色になりました。 鳥居の上には、 小さな白い龍。 あの龍、何だろう… とても気になりました。 その神社のこと、白い龍のことを 調べてみることにしまし…

カルピス

おはようございます。nicosaです。 立春を過ぎても、 冬のコートの 手放せない日がつづいていますが、 昨日、里山の家の庭先に、 黄色い梅の花と、白い梅の花が 咲いているのを見つけました。 桃色の梅の花も、 つぼみから、その花びらが 見え始めていました…

共依存

こんばんは。nicosaです。 今年の7月頃は、自分の進む方向が見えた気がしていたのに、突然、8月、9月、10月は何も見えなくなりました。 まわりが、真っ暗になった気がしました。 毎週金曜日に、 夫から一週間分の生活費と言って お金を放り投げられる 自分が…

紅玉

こんにちは。nicosaです。 朝晩肌寒く、朝起きてから窓を開けるのがちょっと億劫な季節になりました。 今年の1月、「紅玉(こうぎょく)」という品種の林檎がくだもの売り場に並ぶ頃、テレビの番組の中で聞いた焼きリンゴの話を思い出しました。 歴史上の人…

✖️✖️✖️

こんにちは。nicosaです。 この前、5月から間借りをさせていただく予定だったカフェに、少しだけおじゃまして来ました。 壁には感染対策済みのステッカーが貼られていて、消毒液が置かれていて。 でも、いつもどおりにキッチンに立つオーナーさんと、変わら…

よっしゃマンの逆上がり

こんばんは。nicosaです。 新型コロナウイルス感染症の感染者数が増え続けています。 それぞれの現場で、たくさんの方たちが、自分が今寄り添うべき人たちから目を離さず、懸命に創意工夫を重ね、これまでの「常識」を破ろうと努力を続けていらっしゃること…

さようなら、M先生

こんばんは。nicosaです。 2020年9月26日。 わたしのだいすきな先生が旅立たれました。 101歳でした。 先生との思い出の場所は、 母校の図書室。 わたしと先生をつなぐ大切な思い出が、 そこにあります。 それは今も図書室に保管されているはず。 「学校の図…

忘れていた記憶

こんばんは。nicosaです。 パンデミックの中にあっても、 夏は過ぎ、秋は来て、 季節はいつもとおなじように 冬へと向かっていきます。 10月6日、火星と地球が最接近しました。東の空にあるその星は、とても大きく赤く輝いて見えました。 赤く大きく輝く星。…

心の傷。

こんにちは。nicosaです。 今日は、この7月ずっと考えていたこと、夫の暴力について、わたしが気付いたことをお話しします。 わたしの夫は、 自分の母親が、 自分の祖母から暴力を受けるという そんな家庭に育ちました。 その小さな心の中は、 とても傷つい…

自立と共生。

こんばんは。nicosaです。 役所に行って来ました。 離婚届の用紙をもらいました。 離婚の手続きと一緒に、 自分の戸籍を作る手続きを してみようと思います。 作る戸籍の 「本籍」の下に記載される「氏名」は、 わたしの父でも、夫でもなく、 自分です。 姓…

家族のかたち。

こんばんは。nicosaです。 三浦春馬さんが、亡くなりました。 cicoが、登校前にぽつんと言いました。 「実家に誰もいなかったんだって。」 「三年前におばあちゃんとお母さんが家から出て行って、」 「そのあと、しばらくして、お父さんも家を出て行ったんだ…

連鎖。

こんばんは。nicosaです。 家族の歴史は繋がっていると、そう思えた出来事のこと。今日は、主人と主人の家族とわたしとcicoのお話です。 この前、義理母に相談をしようと思って、 義理母と同居している姪に、LINEで、 おばあちゃんいる?と聞きました。 義理…

こころ。

こんにちは。nicosaです。 雨の日が続いています。 高校2年生のときに読んだ、 色褪せた表紙の 夏目漱石の「こころ」を、 何十年かぶりに 本棚から引き出しました。 雨が続き、 見えないところで、 地球の何かが変わっていく。 地球は、 人間と一緒に生きる…

自分。

こんばんは。nicosaです。 今から10年前。 2010年の8月のことでした。 引越しの荷造りをしていたわたしに、 お酒を飲んだ主人が、 引越し荷物のダンボール箱を投げつけました。 わたしはびっくりして、 何を言ったのか よく覚えていないのですが、 何か言い…

Jリーグ再開。

こんばんは。nicosaです。 2020年7月4日、 サッカーJリーグ(J1)が再開しました。 その同じ日、 ガンバ大阪の遠藤保仁選手(ヤットさん)が、 J1通算最多出場記録を達成されました。 ヤットさん、おめでとうございます! 記録は632試合出場で、 そのうちの…

焚書と地中の図書館。

こんにちは。nicosaです。 1933年5月10日、40,000以上の人が集まったベルリンのオペラ広場(Opernplatz)で、「彼らの書物を焼き払う」との演説が行われ、 その同じ日、ドイツの34もの大学都市において、国家主義者の学生がトーチを掲げながら「非ドイツ的魂…

アイ色に染まっていく。

おはようございます。nicosaです。 車に乗っているときは、bluetoothでスマートフォンと車のカーナビを接続して、スマートフォンの音楽を車で聴いています。 いつもなら、 わたしが作ったプレイリストの曲が 流されるはずなんですが… スマートフォンが古くな…

違う自分と重たいカバンをぶら下げて。

こんにちは。nicosaです。 いつもより責任のある仕事を任されて、 ちょっと頑張らなければならなかった、 2014年〜2015年。 毎朝、通勤途中に、 同じ曲を聴いていました。 スポーツ選手が「試合前に聴く曲」みたいな、 そんなかんじだったんだと思います。 …

整理する。

こんにちは。nicosaです。 最近、自分の周りの空気感が変わった気がして、何が前と違うんだろうとずっと考えていたのですが、やっぱり周りは何も変わっていなくて、変わったのは自分の方なのかもしれないと、昨日、ふと思いました。 いやだ、いやだ、怖い怖…

僕がついてる。

おはようございます。nicosaです。 高校三年生の時、 学校をさぼって、ひとりで、 よく行っていた場所があります。 そこから、飛行機を見ていました。 離陸するたびにドキドキして、 着陸するたびにホッとする。 小さい頃この近くに住んでいて、 何度も見か…

明るく、はっきり、ゆったり。

こんにちは。nicosaです。 不思議なのですが、 夏至を過ぎてから、 わたしの周りの空気感が、 夏至前とは違うものに変わったような そんな気がします。 何も変わっていないように見えるのに、 歩く人も、対向する車も そこにある建物も、 どこかが違う気がし…

雨の日に。

お久しぶりです。nicosaです。 祖母が、 この世界から居なくなって、 早いもので、7年が経ちます。 祖母が旅立つ前、 一番最後にわたしに話してくれたこと。 そのことばの意味。 やっと分かった気がします。 これを、わたしに伝えたかったんだ… 2013年の冬に…

お知らせ

こんにちは。nicosaです。 2019年の6月から一般公開にて始めたこのブログですが、今日4/11夕方までに公開させていただく範囲を変更しようと思います。もし、できるようならば、読者登録をしていただいている方にのみに公開させていただける状態にできたらと…

こんばんは。nicosaです。 家の近くの桜の花が満開です。 どんなときにも、桜の花はちゃんと咲くんだなあと、そう思いました。 感染症が流行して、 人間は、 こんなに慌てふためいているのに。 社会性を重じてきた人間社会は、 違いや変化を受け止めるのが、…

偶然

こんにちは。nicosaです。 この前、テレビを観ていたら、ある放送作家がこんなことを言っていました。 「偶然も、それが重なると、これは偶然なんかじゃないと気付く瞬間がありますよね。」 この言葉の意味。 とてもよく分かる気がしました。 今日は、そのお…

東京大学

こんばんは。nicosaです。 東京大学に行って来ました。 工学部学舎の建物を見に。 2018年5月2日、 子どもの頃から、 大好きだった絵本作家が、 亡くなりました。 多くの科学絵本を残した、 かこさとし(加古 里子)さん。 「はははのはなし」「むしばミュー…