あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

戦争

「よていひょう」

こんばんは。nicosaです。 団体旅行はなんとなく苦手で、旅行に行くときは、一人か、親しい友人か夫か母親と二人で出かけてきました。 子どもが生まれてからは、家族三人で、プラス夫の両親、もしくはわたしの両親…というかんじです。 わたしはとにかく、 前…

わたしの嫌いな人

こんばんは。nicosaです。 今日は、わたしがずっと嫌いだった人、ずっと好きになれないでいた人のことをお話しします。 わたしは、 小さい頃からずっと 自分の祖父(母方の祖父)のことを 好きではありませんでした。 すぐに手をあげる人で、 口数が少なく、…

ハブラシ

こんばんは。nicosaです。 わたしの祖父は戦争中、北京へ兵隊に行っていたと祖母から聞きました。 敗戦後は、歯ブラシのメーカーに勤めました。仕事は営業でした。 今日は、宣伝カーと呼ばれた社用車に乗って敗戦まもない日本中を走り、歯ブラシの販促活動を…

さようなら、M先生

こんばんは。nicosaです。 2020年9月26日。 わたしのだいすきな先生が旅立たれました。 101歳でした。 先生との思い出の場所は、 母校の図書室。 わたしと先生をつなぐ大切な思い出が、 そこにあります。 それは今も図書室に保管されているはず。 「学校の図…

焚書と地中の図書館。

こんにちは。nicosaです。 1933年5月10日、40,000以上の人が集まったベルリンのオペラ広場(Opernplatz)で、「彼らの書物を焼き払う」との演説が行われ、 その同じ日、ドイツの34もの大学都市において、国家主義者の学生がトーチを掲げながら「非ドイツ的魂…

東京大学

こんばんは。nicosaです。 東京大学に行って来ました。 工学部学舎の建物を見に。 2018年5月2日、 子どもの頃から、 大好きだった絵本作家が、 亡くなりました。 多くの科学絵本を残した、 かこさとし(加古 里子)さん。 「はははのはなし」「むしばミュー…

晴耕雨読

こんばんは。nicosaです。 「ばあちゃんは無宗教で、のほほんと生きてるの。」祖母はよくそう言っていました。 家の法事には、天台宗のお坊さんがやってきました。 祖父は、戦後、キリスト教プロテスタントの教会に通いました。 その影響で、わたしたち家族…

朱い城

こんばんは。nicosaです。 10月最後の日、 朝起きてテレビをつけて、 映し出された映像に、 目を疑いました。 首里城がなくなっていました。 やっと復元されたはずの、 朱い城が、 灰になっていました。 わたしは、二回、 首里城(首里城跡)を訪ねています…

時空をつなぐ〜約束の場所(たいせつな友だち)後編

こんばんは。nicosaです。 大学4年生の時でした。 高校でお世話になった古文の先生が、 わたしの家を訪ねて来られました。 陸上部の友だちが、 交通事故で亡くなった、 その数ヶ月後。 6月のことでした。 今日は、たいせつな友だちとの約束のお話、後編です…

必ず会いに行く〜約束の場所(たいせつな友だち)中編

こんばんは。nicosaです。 今日は、たいせつな友だちとの約束のお話、3部編の内の中編です。 高校1年生のとき。 登校中、 前を歩いていた、 同じ制服の女の子が、 わたしの方を振り向き、 とてもうれしそうな顔で、 わたしの方へ駆け寄ってきました。 その子…

ほむら野の 〜約束の場所(たいせつな友だち)前編

こんにちは。nicosaです。 今日は、2018年の2月〜3月の間に思い出した、たいせつな友だちとの約束のことをお話します。3部編の内の前編です。 太平洋戦争の時代。 とても短い一生でした。 14年という短い命。 日本の各地で米軍の空襲が激化した太平洋戦争末…

祖父と祖母

こんばんは。nicosaです。 今日は、 わたしの祖父と祖母のことをお話しします。 空が青く澄んだ、雲ひとつない、冬の朝でした。 通勤の電車に乗っていた時、なぜか、まわりの音が聞こえなくなりました。 そして、祖母の、楽しそうな笑い声が聞こえてきました…