あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

アイ色に染まっていく。

 

f:id:nicosa:20200702184533j:image

おはようございます。nicosaです。

 

 

車に乗っているときは、bluetoothスマートフォンと車のカーナビを接続して、スマートフォンの音楽を車で聴いています。

 

 

いつもなら、

わたしが作ったプレイリストの曲が

流されるはずなんですが…

スマートフォンが古くなったからか、

この頃は、スマートフォンが自動選曲した曲が

勝手に流れてきます。

 

 

それでこの頃、

スマートフォンが選んでくれる

ちょっと前によく聴いていた曲を

車の運転中に聴いています。

 

 

サッチモのときもあるし、

おかあさんといっしょ」の歌のときも。

 

 

一昨日の

スマートフォンセレクションは、

秦基博さんの曲が多めでした。

 

 

秦基博さんのことは、

 

 

cicoは、

ドラえもんの歌の人!」

と言います。

秦基博さんの「ひまわりの約束」は、

ドラえもんの映画の主題歌でした。

 

 

わたしは、

彼がアメリカに行く日に、

偶然知りました。

「朝が来る前に」という曲で。

 

www.nicosa.tokyo

 

 

それから、聴くようになって。

 

 

昨日、スマートフォンが、

繰り返しかけてくれたのは、

この2曲でした。

 


秦 基博 - 「アイ」 Music Video

 

 

鱗(うろこ)

鱗(うろこ)

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

 

 

 

 

 
何処にいるのか分からない

連絡も取れない

生きているのかすら分からない人を

 

 

わたしが待っていられるのは、

 

 

落ち着いて

取り乱すこともなく

安心して

 

 

必ずまた会えると、

「おかえりなさい」と言える日が来ると、

ちゃんと知っている気がするのは、

 

 

こんなふうに、

不思議な偶然が、

何度も何度も、

繰り返し、

わたしに起こるからかもしれません。

 

 

 

偶然に出会う歌は、いつも、

わたしがそのとき聞きたい言葉を

かならず伝えてくれます。

 

 

 

だから、

 

忘れたいと思っても、

 

逃げたいと思うことがあっても、

 

必ず引き戻されて戻って来てしまう。

 

 

 

そして、

「nicosaさんは直感が強いから、nicosaさんの言う通りこのご縁は続いていくのだと思います」と言っていた彼の言葉が、

どんな状況にあっても

わたしを安心させてくれるのかもしれません。

離れていてもつながっていると

信じることができます。

 

 

それは、なぜかとても心地良くて…

 

 

日常が、「アイ色に染まっていく」って、

きっと、こういうことなんだなあと、

なんとなく、そう思いました。

 

 

www.nicosa.tokyo

 

 

 

 

nicosa