あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

レジェンド


こんばんは。nicosaです。



東京オリンピック2020の聖火ランナーが、昨年末に発表されました。

聖火ランナーの第一走者は、2011年サッカー女子W杯ドイツ大会優勝チーム「なでしこジャパン」のメンバーと決まりました。


3月26日、彼女たちと佐々木元監督は、2011年の東日本大震災の際、原発事故の対応拠点だったスポーツ施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町広野町)を走ります。


「復興五輪」の象徴として。


Jヴィレッジは、なでしこジャパンが合宿に利用した場所で、彼女たちにとっても苦楽を共にした思い出の場所です。






そのニュースを観た、

cicoの嬉しそうな顔。





「かっけぇ…」

cicoが、

思わず呟きました。





テレビに映った、
なでしこジャパンの選手の中に、
cicoの憧れの人がいました。

海堀あゆみさんです。


cicoは、


彼女に憧れて、
サッカーを始めました。





W杯決勝。

同点で勝敗決まらず、
迎えたPK戦


ボールの行方に、
一喜一憂する満員の観客。


その目線の先の、
ゴールの中に、
彼女はいました。



ゴールに向かう凛とした姿と、
彼女の美しいセービングに、
観客は何度も立ち上がり、
拍手を送りました。
拍手は鳴り止みませんでした。



cicoはその日から、
サッカーボールを、
自分に向かって蹴って欲しいと、
せがむようになり、

海堀さんと同じように、
横っ飛びでボールを止めて、
ゴールキーパーの真似をして、
遊ぶようになりました。




幼児用のキーパーグローブを、
買ってあげると、
大喜びで。





海堀さんに、
ファンレターを、
何度も送りました。


cicoは一生懸命に、
小さな手で、
一文字、一文字、


「かいほりさん」

「サッカー」

「がんばつてください」


と、書きました。





彼女の引退のニュースを知ったcicoは、
彼女に手紙を書きました。


「かいほりさん」

「やめないでください」

「オリンピックに」

「でてください」

「おねがいします」





引退が発表された後のファンイベントの、
帰りの電車の中で、
cicoが泣いていたのを、
覚えています。


「オリンピックに出てもらいたかったの」








彼女が引退する姿、

数年後に、
彼女がコーチ兼選手として復帰する姿、

わたしとcicoは、
それを、
見届けることにしました。


わたしたちに出来る限り、
彼女の想いを、
すべて受け止めることにしました。







それから、
時は流れて、


海堀さんが、
目の病気だったこと、
大学に入学したこと、
熊本のチームで復帰したこと、
東京オリンピック聖火ランナーになったこと、

テレビや雑誌で、
知りました。




cicoにとって、
彼女はずっと、
憧れの人。



レジェンドなのです。



そして、
海堀さんが、
レジェンドでいてくださることが、
cicoがサッカーを続ける、
その支えになっています。




レジェンドと言われる人は、
自分の使命を、
知っているのだと思います。



ペレも、ジダンも、
澤さんも、
カズさんも、

清原さんも、



そして、海堀さんも。



自分に憧れてスポーツを始めた子どもたちがいる限り、自分はレジェンドで居続ける必要がある。



自分の背中を見て、
子どもたちは成長していく。





レジェンドで居続けることは、
とても大変なことだけれど、
それができるから、
レジェンドなのだと、
思います。



そして、
レジェンドの背中を追いかけて、
がんばっている、
その人たちがいるから、

レジェンドは、
レジェンドで、
居続けることができるのだとも思います。



直接親しく会話を交わしたり、
励まし合ったり、する訳ではないのに、
その両者は、互いに、
とても大切な関係。







海堀さんがオリンピックで活躍する姿を、
どうしても見たかったcicoと、


オリンピックの聖火ランナーを引き受けた海堀さんと。




2020年という節目の年に開催されるオリンピックを前に、

cicoと海堀さんの想いは繋がりました。



偶然かもしれないけれど、

それならば、

とても素敵な偶然だと。



テレビに映る海堀さんを見つめる、
とても嬉しそうなcicoを見て、

「よかったね。cico。」

そう思いました。







nicosa