あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

偶然


こんにちは。nicosaです。



この前、テレビを観ていたら、ある放送作家がこんなことを言っていました。


「偶然も、それが重なると、これは偶然なんかじゃないと気付く瞬間がありますよね。」



この言葉の意味。
とてもよく分かる気がしました。



今日は、そのお話しをしようと思います。





この前、間借りさせてもらうことになったカフェに行ったとき、カフェの前に、思いも寄らない人が立っていました。



中学生のときの同級生で、
2年近く会うことのなかったその友だちは、
ご主人と二人で、
店の前に、
立っていました。



どうして?

こんなところに?

rituちゃんが?

そう思いました。




住んでいるところから、
そのカフェはかなり離れているし、
こんな裏通りのカフェを、どうして知ってるの?



「rituちゃん!どうしてここにいるの?」

わたしは思わず、rituちゃんに声を掛けました。








rituちゃんとは、
いつも、そう。


お互いに。


何かの節目に立っているとき、
(これでいいはずなんだけど、踏み出す勇気がなくて、)ちょっと迷っているようなとき、



長い間、
なんの関わりもなく、
過ごしていた相手なのに、
突然、そこに相手が現れるのです。





進学のこと、

結婚のこと、

手術のこと、


どちらに進むべきか迷っているとき、
 


普段なら会うはずもない場所で、
会うはずのないわたしと、
偶然に出会い、


rituちゃんは、

なんとなく、


「ああ、nicoちゃんと会えたから、これでいいんだ。そうしよう。」と、


そう思うそうです。






わたしも、同じで、

進学先や、

家を建てる場所や、

店を開く場所、


迷っているけれど、ここでいいんだとも思っている、その場所で、rituちゃんと、ばったり会い、





そして、わたしは、

なんとなく、

「rituちゃんと会えたから、この場所で合ってる。ここにしよう。」と、



そう思うのです。





rituちゃんも、わたしも、

人生の節目にあるときに、
偶然にばったりと出会い、

次のステージの場所を、
ここにしようと、決めてきたのです。


rituちゃんに会えたから。

nicoちゃんに会えたから。




もう一つ、rituちゃんとの不思議な偶然は、


二人とも、
自分の子どもに、
同じ、cicoという名前をつけています。



示し合わせたわけではないのに。
話し合ったわけではないのに。



rituちゃんの娘はcicoちゃんで、
わたしの娘はcicoでした。



とても、不思議。


でも、


この偶然は、


もはや「偶然」なんかではない。




rituちゃんがカフェの前に立っているのを見たとき、

わたしは、

そんなふうに、

思いました。



思わずには、
いられませんでした。




「また、rituちゃんが教えてくれてる。」
「ここでいいんだよって教えてくれてる。」






生きていると、
何度も、ふとしたときに、
「偶然」と出会います。




その「偶然」は、
楽しいものばかりではありません。




どうしてこんなことに…

そんな望まぬ「偶然」も、

時には起こるものです。






その、

どんな偶然も、


偶然と、
偶然を、
糸でつなぐと、


これは偶然なんかじゃないと、
気付くときがあります。





これは偶然なんかじゃないと、

繰り返し、繰り返し、

そう思う。










偶然が重なって、
気付くと、いつも、
この場所に戻って来てしまう。




さあ、こちらへ。
こちらへどうぞ。
どうぞ、こちらへ。




「偶然」を繋いた糸の先は、
たった一つの終着点に向かっている。




そんなふうに思えた、
春の日が待ち遠しい、
昼下がりの出来事。



空はとても優しい水色で、
ふわふわの綿雲が、
ゆっくりと、
わたしたちの頭の上を流れていきました。









nicosa