あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

分離期間


こんばんは。nicosaです。





今日は、2016年の春に離れ離れになってから、2017年の早春に、また二人が会うまでのお話をします。


彼は、
2016年の春に異動になり、
わたしと一緒に仕事をした職場から、
別の職場に移りました。


とは言っても、
同じ敷地内の別の場所なので、
会おうと思えば、
いつでも会える場所でした。


なのですが、
仕事が忙しく、


最高の相棒をなくしたので、
なかなか仕事も捗らず、


彼のことをいとおしく?考える暇もありませんでした。


ただ、
わたしは毎日、
彼の名前を口にしていました。


ああ、〇〇さんだったら、こう言ってくれるのになあ!


そんなふうに。



よく、
ツインレイの記事などを読むと、
分離期間はとても辛い…
と、書かれています。


わたしの場合は、


辛いことがあったとすれば、
それは、彼と会えないことが辛いのではなく、


自分の至らなさ、
未熟さ、
自分の嫌なところが、
彼がいなくなることで
あからさまになって、


昨年できたのだから、
わたしにはできるはず…


彼のサポートがなくてもできるはず…
と、


自分の内面と向き合うこと、


今まで周りに、
とくに主人に依存して、


逃げてきたことと、
向き合わなくてはならない

それは結構辛かったかもしれないなぁと、
今振り返ると、
そう思います。


わたしは子どもの頃、
静物と話をするような子どもで、


人に対して、
自分の言いたいことを、
半分も言えない子どもでした。


大人になってからも、
ずっとそんなところがあって。


でも少しずつ自分で克服して、
営業の仕事もするようになり、


だから、
やっと、


彼と出会えたのだと、
出会うステージへ立てたのだと、


そう思っています。


彼と一緒に仕事をした9ヶ月間は、
わたしは別人のように、
自分の意見を、
はっきりと彼に伝えていました。


それは、
彼が、
上手に、
そう仕向けてくれたのだと思います。


問題が起こったとき、



「nicosaさんなら、こんな時、どうしますか?」

「nicosaさんなら、どんな対策を取りますか?」


いつも彼はわたしに聞きました。


わたしは、

自分の考えを、
彼に伝えました。



すると、

「分かりました。ここからは、ぼくの仕事です。nicosaさんの提案が実際に行われるように、ぼくが調整しますから。」


彼はいつも、
そう言って、
わたしの言葉を現実にしてくれました。



でも、


彼がいなくなってからは、
自分の考えを現実にするには、
自分で行動を起こさなくてはならなくなりました。


今までのわたしなら、
一番苦手なこと。


自分としっかり向き合って、
自分が本当にやりたいことを思い浮かべ、それを現実化する。


それができるようになるには、
少し時間が必要でした。




でも、
とても辛かったわけではありません。



彼がまた逢いに来てくれると、

心の中では、
知っていたからでしょうか。


それに、


自分がほんとうにやってみたいことを、
上手に周りの人に伝えられて、
それが現実になったとき、


周りの人が、
みんな笑顔になる。

心配ごとがなくなり、
しあわせそうに笑ってくれる。


それは、


わたしにとって、
とてもうれしいことで、
しあわせだと思えました。


いいことをしようとするんじゃなくて、

自分のやってみたいことをする。


それで、
人がしあわせになると、
自分がしあわせになる。


自分と向き合って、
やってみようと勇気を出すときに、
ちょっとエネルギーを使うけれど、
慣れてくると、
これ楽しかも!と思えるようになっていきました。


…自分と向き合い、
自分のほんとうにやりたいことを、
自分の外の世界に向けて発信し、
現実化していく…


それは今もまだ練習中ですし、
課題はどんどん大きくなるので、
体が動かないぐらい疲れ果てることもあるのですけどね。




そんなふうに、


自分と向き合って、
自分一人でがんばっていたある日、



2017年の早春、



わたしの仕事がいよいよ行き詰まり、
わたしから彼へ、
相談のメールをしてしまったことがありました。


彼は、
とても忙しい部署に異動し、
年度末で、


そんな時にこんな細かな仕事の相談をして、
彼に迷惑がかかってしまう…


メールを送信してから、
とても後悔しました。


でも、
彼は、
すぐに電話をくれました。


内線電話を取ると、
懐かしい声が聞こえてきました。


彼に話をすると、
問題はすぐに解決し、
わたしは、
何度も彼にお礼を言いました。


その数日後、


彼からメールが来ました。


彼とわたしは、
今も、仕事用のメールアドレスしかお互いに知らないので、そこにメールが届きました。


「ランチをご一緒しませんか?」


そう書いてありました。


二人でなのか、
だれか誘うのか、
迷いましたが、


彼とわたしの、
共通の知人を、
誘うことにしました。


そして、
わたしたち二人は、
1年ぶりに会いました。


彼は、
少し緊張しているように、
見えました。


わたしも同じでした。





ただ、


この人が側にいる安心感…



久しぶりに会った、
彼の匂いや、
彼の振る舞いや、
彼の存在に、

わたしは、
それを、
感じていたような気がします。



ランチの店を出たあと、


急ぎ足で自分の職場の方に向かっていた彼が、


少し離れたところから、


振り向いて、

わたしと知人に向かって、


とても大きな声で言いました。



「まだ、ここにいますよね?」

「あと1年、ここで働いてますよね? 」



わたしがうなずくと、


「ああ、よかった!
ぼく、これであと1年間仕事がんばれます!」


「いてくださいよ。あともう少し。お願いします。」



そう言って、
嬉しそうに、


彼は、
わたしと知人に、
手を振っていました。




…それから、


また一年間、


わたしたちが会うことはありませんでした。


2018年の2月まで。




自分との向き合いの期間が、
続きました。




nicosa