あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

f:id:nicosa:20190619213619j:image

こんばんは。nicosaです。

 

 

 

 

わたしは、子どもの頃、いろいろな「もの」とお喋りをしていたようです。

 

葉っぱや、石や、花や、樹や。

 

静物と話すことが多かったようです。

 

母は、よく、「だれとお話ししてるの?」とわたしに聞いていたそうです。

 

風で折れてしまったタンポポの茎に、

包帯を巻いたりする、

 

 

少し変わった子どもだったそうです。

 

 

人と話すよりも、

静物と話す方が心地よかったのかもしれません。

 

 

小学4年生の4月、

わたしの家族は、

新しい街へ引っ越ししました。

 

引っ越し先の小学校で、

わたしは、なかなか友だちができず、

 

 

 

「気持ちわるい!」

 

「あの子とは仲良くするな!」

 

と、

 

いじめられていました。

 

 

 わたしは、その土地の方言が話せませんでした。

転校生には、よくある話です。

 

 

 

休み時間や放課後はトイレにこもり、

 

放課後は、みんなが家に帰って、

学校が静まり返ったのを確認してから、

トイレを出て、家に帰りました。

 

 

 

それでも朝が来れば登校し、

トイレに隠れて、

そっとトイレを出て家に帰る、

毎日毎日その繰り返し。

 

 

 

引っ越ししてからは、

笑うことが少なくなりました。

 

 

 

そんなある日、

 

自宅の自分の部屋で本を読んでいた時です。

 

どこからか、声が聞こえてきました。

 

 

 

「必ず逢いに行くから。」

「必ず迎えに行くから。」

 

 

 

だれ?

 

だれなの? 

 

どこにいるの?

 

 

 

「必ず逢いに行くから。」

「必ず迎えに行くから。」

 

 

 

その声は繰り返し聞こえます。

 

 

静かな優しい声。

 

 

 

 

行かないで!

 

 

ひとりぼっちにしないで!

 

 

 

 

そんなことを言うつもりはないのに、

ひとりでに、わたしが、その声に答えます。

 

 

声は聞こえなくなります。

 

 

あとから、あとから、

涙が溢れて出て止まらなくなります。

 

 

そんな不思議なことが、数日続きました。

 

 

 

でも、

いつからか、

その声は聞こえなくなりました。

 

 

 

夢をみていたのかもしれないと、

そう思いました。

 

 

 

そして、わたしは、

その声のことを忘れてしまいました。

 

 

 

けれど、

長い時が流れ、

 

 

ある時、

その声のことを思い出すのです。

 

 

彼と出会い、

4年が経ったある日。

 

 

 

 

あの声は、

あの人の声だったの?

 

 

ふと、そう思います。

 

 

あれは、夢なんかじゃなかったのかも。

 

 

わたしを追いかけて

地球にやって来たあの人が、

 

 

わたしと同じ地球の言葉を

いっしょうけんめいに覚えて、

 

 

わたしに話しかけてくれた。

 

 

そして、大人になって、

 

 

必ず逢いに行く、

必ず迎えに行く、

その約束を、

ちゃんと守って、

わたしを見つけ出してくれた。

 

 

 

なぜか、そう思えました。

 

なぜだか分からないけれど、

 

後から後から涙が溢れ出て、

 

止まらなくなりました。

 

 

 

 

 

nicosa