あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

情報過多


こんばんは。nicosaです。








わたしのブログタイトルと、
ツインレイの段階とを照らし合わせると、


出会い〈2014冬〉 ⇨ 「約束の場所」

テスト,危機〈2015〉⇨ 「常識(公開前)」

分離 〈2016春〉 ⇨ 「分離期間」

浄化 1st. 〈2016〉 ⇨ 「分離期間 」
「執着(公開前)」 

インターバル 〈ランチとメール 2017早春〉


浄化 2nd. 〈2017〉⇨
         「居なくなる(公開前)」

目覚め〈2018年2月〉 ⇨「目覚め(公開前)」
「わたしの3つのしごと(公開前)」
「約束の場所~たいせつな友だち(公開前)」

調和〈1st. 2018年秋〉⇨ 「直感(公開前)」
〈2nd. 2020年2月?〉⇨ 「再会(後日公開?)」



こんな感じになりました。



(実際は、最後の「再会」までにもう一つ大波乱があります。それが一番辛くて苦しいステージでした。

だからこそ、そこを通り抜けたときの解放感は生まれて初めて体験するような気持ちよさでした。

投稿「明るく、はっきり、ゆったり。」にその様子を書いています。

ご興味があれば読んでみてくださいね。)








あらためて見ると、
こんな仕掛けだったんだと、
感心してしまいます。




のん気なわたしは、


2018年2月の、


「目覚め」までは、


何も気付かず、




彼と会わない時期が続いても、
自分との向き合いの時期が続いても、




わりと、



のほほんと、



していました。





その分?、
2018年2月以降は、
走馬灯のように、
いろいろなことに気付いては、
その気付きは、
わたしのもとを過ぎ去り、


2018年の秋以降は、
「図書館ではたらく人になる。」という
わたしのしごとも大詰めになり、
このブログを始めたり、
とても忙しくなりました。







いつも、

彼は、



「nicosaさんなら出来ますよ。」

「nicosaさんなら大丈夫。」

「すごいじゃないですか、nicosaさん!」




と、応援してくれて、





「とにかく体は無理しないでください。」


「健康第一だから、体が辛かったら一旦中断して、また出来そうなときにやればいいですよ。」



と、心配してくれて。





彼は、

いつも、
どんなときも、

とても
優しくて、

わたしにとって、
とても、
安心できる人です。








わたしは、

もしかしたら、

彼の大きな優しさの中で、

いつも守られているのかもしれないと、

そんなふうに思うことがあります。






ツインレイの情報は、
世の中に、
とてもたくさんあふれていますが、


人それぞれ、
顔も体つきも違うように、
考え方も違うように、



二人の繋がり方や、
二人の関係のあり方や、
二人の進み方も、



みんな違うはずで、



だから、


今まで、
とてもお世話になった、
たくさんの情報に、
ありがとうを言いつつ、



今のわたしには、
もう、
こんなにたくさんの情報は、
いらないなあ…





わたしは、
いつも何かに守られているから、
だから、
心配しなくても大丈夫。





その優しさの中で、
わたしは、
ただ、
ゆらゆらしていれば、
それでいいのかもしれない。



最近は、

なんとなく、

そんなふうに思っています。








わたしは、今、


「赤ちゃん絵本講座」という講座と、

「わらべ歌講座」という講座に、



仕事が休みの日に、
通っています。




保育士さん、

図書館の児童室の職員さん、

自宅で児童文庫を開いている方、

小学校の図書室に勤めている方…



子どもの本にかかわるいろいろな方が、
この講座を受けていらっしゃいます。




講座の中で、
講師の先生が、
こんなことをおっしゃっていました。




「今の時代は、情報が溢れすぎていて。」



「子どもをもつお母さんたちは、何をしたらいいか、どう子育てしたらいいのか、分からなくなってしまっています。」



「お手本になる、自分の母親やおばあちゃんもそばにはいなくて。」




「わたしは、そんなお母さんたちに、

『大丈夫ですよ。それでいいんですよ。』
『間違えたって大丈夫。』
『みんな悩んでお母さんになったんですよ。』

と、お話しています。」



「絵本の読み聞かせや、わらべ歌で、手遊びで、お母さんも癒してあげたいと、思っているんです。」







情報が溢れていて、

とても便利なように、

思えますが、




情報が、

あり過ぎて、

たくさんの人が、

何をしたらいいのか、

分からなくなっているのかも。




そして、


「特別な人」と、


出会ってしまった人たちは、


お手本にできる人がそばにいなくて、


情報だけは過剰にあふれていて、


どうしたらいいのか、


何を頼りにすればいいのか、


分からなくなってしまっていて。




でも、
たぶん、
心配しなくても大丈夫なんだと思います。


こんなにたくさんの人がいる中で、
ちゃんと、
約束の場所で、
出会えたのですから。



あとは、
ゆりかごの中で、
ゆらゆらしながら、
自分の好きなことをして、
楽しんでいればいいのではないかなぁと、
最近は、ちょっと、そんなふうに思っています。








nicosa








「言葉」「イメージ」「現実」
その3つを結びつけ、
自分のなかで調和させる。
それを何度も何度も繰り返す。
生きるために必要なものを身につけていく。
その最たる助けとなるものは、
より写実的であることが望ましい。
奇抜であることよりも、リアルであること。
実際に目にするものにより近ければ安心し、
自分の現実を作る助けとなる。
「赤ちゃん絵本」は、それを教えてくれました。

わたしのブログは、その「赤ちゃん絵本」をお手本にしています。どうしてそこまで書くのだろうと自分で思うことがありますが、よりリアルで、実際により近いほどに、安心し、現実を作り上げていくときの助けになると思うからです。