あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

愛人稼業


こんばんは。nicosaです。





わたしが、
大学生の時のこと、


わたしが働いていたアルバイト先に、
「愛人を生業とする」女性が、
働いていました。


今日は、
その女性のお話をしようと思います。




とても品のある、
とても美しい女性でした。


年齢は、
おそらく、
50代後半〜60代。


こんなところで働かなくても暮らせるのに…


と、
アルバイト先の人たちは、
みんな、
そう言っていました。


その女性は、
1年に5.6回は海外旅行に行き、
職場の人たちに、
旅先で写した写真を見せていました。





写真は、



必ず、
その女性一人だけ写っていました。




聞くところによると、


その人は、


とある大企業の要職にある人の愛人、


ということでした。



若い頃からずっと、
同じひとりの男性と、
愛人関係にあるのだそうです。



その人は、


とくに、


その愛人関係を、隠すこともなく、




もちろん、


お相手の男性の名前などは、


一切、口外しませんが、







アルバイト先の同僚に、


「証拠は残さない。それが大事。写真を二人で撮ったことは一度もないわ。」



「追いかけない。こちらからは連絡しない。あちらが会いたいとおっしゃる時は、必ず時間をあける。それが、長く続く理由。」




「彼と奥さま、ご家族との時間を尊重する。」




とか、
そんな話を、
よくしていました。







ある日、



アルバイト先の部屋にある、
ホワイトボードを使って、



友だちが、


恋愛講座を始めました。




nicoは、いっつも、三角関係になるよね。」




そう言って、
こんな図を、
ホワイトボードに描きました。




「こんな時もあったよね。」






「なぜ、こんなことになるのか!?」


nicoが優柔不断だからだよ!」






…ああ、

そのとおり…






それを見て、
その女性は、
クスっと笑いました。







またある日、




アルバイト先で、


わたしと、
その女性と、
二人だけで仕事をする日がありました。



女性は、
わたしに、
こう言いました。



nicoちゃん。こんなこと、若い女の子に言うのは失礼かもしれないけれど、nicoちゃんは、愛人タイプね。」



「ごめんなさいね。褒めてるのよ、わたし。」





nicoちゃんが三角関係になって身を引いてしまうのは、nicoちゃんが相手を思いやっているからでしょ。三角の残りの二つの角の二人をね。」






「愛人には愛人の流儀というものがあるの。お互いに相手を思いやることが大切なんだと思う。」



「ここには、たくさんの女の子がアルバイトに来てるけど、愛人ができるのはnicoちゃんだけかな。」



「愛人になれる人はいい本妻にもなれる。だからもちろん、nicoちゃんはいい奥さんにもなれると思う。」



「ああ、あんまり気にしないで。ごめんなさいね、もう忘れてね。」



わたしは、
そんなことを言われても、
何も答えられませんでした。



開いた口が塞がらない…


そんな感じでした。







愛人稼業を、


たった一人の人との、
許されない恋愛を、


それを、
胸を張って、
誇りを持って、
堂々と、
生業とする。







覚悟を決めて、


それを選択したならば、


周りなど気にせず、

堂々と、

カッコよく。




そんな生き方をする人に、


わたしは会いました。





nicosa