あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

旅人


こんばんは。nicosaです。



今日は、先日cicoに教えてもらったアルバムの中で見つけた歌のお話です。


歌うのは、
島根県にある大学の、
その在学中に、
結成された4人組バンド。

Official髭男dism。
cicoは、「ひげだん」と呼んでいます。





Travelers

Travelers


アルバムの最後に収録されていました。





昨年、
伊根の浦嶋神社へ行った時、
神社の方からお聞きした、
浦嶋子とおとひめの話を、
思い出しました。



常世の国と、
ひとの国を、
行ったり来たりする。


再会した時、
仮の亀の姿から、
ほんとうの自分の姿になる。


御魂を分け、
自分の魂の半分を、
浦嶋子に預ける。


わたしの御魂を、
大切に持っていてください。
わたしとまた会いたいと思ってくださるなら。


浦嶋子は、
おとひめの御魂の入った玉手箱を抱え、
ひとの国へと旅立つ。




常世の国からひとの国へ戻った浦嶋子は、
常世の国の3年が、
ひとの国の300年だと気付く。



ひとの国の時間の中に、
浦嶋子は死んでいく。







そしてまた、
旅人となって、
旅を続け、



ぼくたち、旅をしていたんだねと、


こんなことが、
あんなことが、
あってねと、


あれはちょっと辛かったな、

それはとても楽しかったよ、



笑って話せる、
そんな日が来る。








ぼくたち、旅をしていたんだよ。

さあ。そろそろ。

そろそろ行こうか。







nicosa