あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

焚書と地中の図書館。

f:id:nicosa:20200704094937j:image

こんにちは。nicosaです。

 

 

1933年5月10日、40,000以上の人が集まったベルリンのオペラ広場(Opernplatz)で、「彼らの書物を焼き払う」との演説が行われ、

 

その同じ日、ドイツの34もの大学都市において、国家主義者の学生がトーチを掲げながら「非ドイツ的魂への抵抗」の行進を行い、学生たちは、25,000巻を上回る「非ドイツ的な」本を燃やしました。

 

「彼らの書物を焼き払う」と名指しされた作家の中に、ドイツの詩人・作家・児童文学作家 エーリッヒ・ケストナー(Erich Kästner、 1899年2月23日 - 1974年7月29日)の名前もありました。

 

ナチズムの思想に合わないとされた書物は、ナチス・ドイツによって儀式的に焼き払われました。ナチス・ドイツ焚書ナチス・ドイツのふんしょ、Nazi book burnings)と言われている事件です。

 

国家による、検閲と文化の支配の時代。

 

この焚書事件は、その支配の時代の到来を告げる不吉な予兆となりました。

 

 

 

焚書が行われた場所のひとつに、

ベルリンのミッテ地区にある

ベーベル広場がありました。

 

 

国立歌劇場、

かつての王立図書館、

聖ヘートヴィヒス大聖堂など

歴史的建造物が立ち並ぶこの広場の

 

その石畳の中に、

小さなガラスの板が埋め込まれた場所があり、

 

そのガラス板の中を覗きこむと

空っぽの書棚が

地中深くへと続いているのが見えるそうです。

 

これはイスラエルの芸術家ミハ ウルマンによる「図書館」という作品で、ナチス・ドイツ焚書の記念碑でもあります。1995年に造られました。

 

 

この「図書館」には、

本は一冊もありません。

 

 

この「図書館」は、

1933 年 5 月 10 日に、

人間のエゴによって焼き払われた

本たちの墓場であり、

この事件を忘れないようにと

警告する記念碑でもあります。

 

 

 

ベルリンは、

世界各国で映画化され舞台化された

ケストナーの児童文学作品「エーミールと探偵たち」の舞台となった街です。

 

主人公エーミールのお金を盗んだ泥棒を、

エーミールとその友だちが

探偵となって追跡していくお話しで、

 

ベルリンには、

「エーミールたちが追いかけてた泥棒が

置き忘れていった山高帽を見せてください!」

とお願いすると、

山高帽子を見せてくれるホテルが

今もあるそうです。

 

  

焚書事件のあった1933年当時も、

ケストナーの児童文学作品は、

国民に大変な人気がありました。

 

その作品を焼き払うことは、

国民の大きな反感を招くことになるため、

 

ナチス・ドイツは、

ケストナー作品の内の、児童文学作品だけは、

焚書の対象としなかったそうです。

 

 

この焚書事件の話を、

わたしは、司書講習のときに勉強しました。

 

講師の先生が、

焚書の写真を見せてくださったとき、

目頭が熱くなりました。

 

自分の好きなエーリッヒ・ケストナーの作品も焚書の対象になったこともあり、とてもショックだったのを覚えています。

 

 

わたしが、

図書館や本を、

とても好きで、

大好きで、

それを守りたいと思ったのは、

この事件のことを知ったのも一つの理由かもしれません。

 

 

この前、

家にある本を整理して、

一冊一冊、表紙を磨き、

必要な人のもとに届きますようにと

梱包していたとき、

 

わたしが本を大切にして、

図書館を守りたいと思って

行動したことが、

あのとき、人間のエゴによって

焼き払われた本たちを

癒すことになっていたのなら

それはそれで

がんばってよかったかもしれないなと、

そんなふうに思いました。

 

 

 

 

nicosa