あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

目覚め


こんばんは。nicosaです。





今日は、

わたしが不思議な体験をして、
その後、
彼は特別な人なのかもしれないと、
思うようになっていった、
その頃のお話をします。




2016年、2017年、
どんどん自分が変わっていく…
そんなふうに、
自分でも感じながら、


季節は流れて、

また次の季節も流れて、




彼と、次の春に、
ランチをしましょうと、
約束をしていました。


その前の年に、
一緒にランチをした人と、
3人で。




約束をした日の少し前、
2018年の2月のある日、
家の都合で仕事を早退して、
外に出たら、
小雨が降っていました。



傘を持っていませんでした。





そのとき、
なぜだか分からないけど、



「〇〇さん!傘持って来てください!」



と、

声に出して、
彼の名前を、
言っていました。



彼が傘を持って来てくれるはずもなく、


わたしは、
傘をささずに、
走って、
駅へと向かいました。



わたしを呼ぶ声がしました。



ふと顔を上げると、



そこに、
仕事中のはずの、
彼が立っていました。
緑色の傘をさして。


「ぼくは使いませんから、nicosaさん、この傘、使ってください。」


そう言って、

彼は、
わたしに、
傘を渡そうとしました。


傘持って来てと言った、
わたしの声が、
彼に聞こえたのかと思って、
びっくりして、


わたしは、
声が出ませんでした。




彼と目が合いました。


その瞬間、



彼と傘以外の周りの景色が全部なくなって、
ねずみ色になりました。


彼の声以外の音は、
車の音も、
人の声も、
消えました。




見えるのは、
彼の姿と、
緑色の傘。



聞こえてくるのは、
彼の声だけ。


傘と彼と、彼の声。


それしかない世界の中に、
わたしは居る気がしました。



吸い込まれた。



わたしは、ふと、そう思いました。



そして、
その居心地の良さから、

なぜか、
逃げ出したくなりました。



左手を横に動かして、
傘はいらない、
と、彼に合図して、


わたしは、
逃げるように、
駅へと走りました。




角を曲がると、


そこにはいつもの景色がありました。
その向こうには駅が見えました。
車の音、人の声も聞こえてきました。





その数日後だったと思います。



彼ともう一度会って話をすれば、
あの感覚は何だったのか、
分かるような気がして、


わたしは、

彼に、

「二人で会ってください。」



時間と場所を指定して、
「そこで待ってます。」
と言いました。




彼から返事が来ました。

「行きます。」





でも、
彼は、
来ませんでした。




ランチの約束の日が来ました。
彼が店の前にいました。
笑って手を振っていました。


店に入り、
席に着くと、


彼は、

「行けなくてすみません。」

と、
わたしに言いました。


何のことを言っているのか、
すぐに分からなくて。



あっ。
あの約束のこと。



思い出して、
わたしは、
「はい。」
と、
頷きました。


ランチの帰り際に、
また彼は、
その前の年と同じことを言いました。


「まだ、ここに居ますよね?」

「居てくださいね。」




雨の日の不思議な体験は、

体調が悪かったのかもしれないし、


周りの景色がグレーになることや、
音が聞こえなくなることは、


今までもあったし、




わたしにとって、
それは、
特別、衝撃的なことではありませんでした。


でも、
その日から、
いろんなことに、
気付きはじめます。




「走馬灯のように」って、
きっとこんな感じ…


今のわたしのストーリーと、
「前」のわたしのストーリーが、
頭の中で、パラレルに展開したり、


短期間の間に、
いろいろなことに気付いていく、
そういうことだったんだ、
そういうことだったのか。


そんな体験をするのです。








nicosa