あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

酒呑童子 〜金太郎の鬼退治

こんばんは。nicosaです。




2018年の11月末。
わたしたち家族は、丹後半島の付け根にある、「大江山」に登り、雲海から昇る日の出を見つめていました。



大江山に向かう途中、
入り江の周りを車で走りました。

入り江の向こう側には、
天橋立がぼんやりと見えていました。


日本海の、

冷たい空気に包まれた、夜明け前、

丸い白いお月さまが、

波の上に浮かんでいました。



山を登り、
日が昇り始める前に、
目的地の大江山鬼嶽神社に着きました。

神社の境内で、静かにその時を待っていると、
雲海の中から、オレンジ色の太陽が、
顔を覗かせました。

夜が明けていくその瞬間を、
わたしとcicoは、
しっかりと目に焼き付けました。
主人は、心が洗われるようだと言いました。



美しい雲海と日の出を見ることができる、
この大江山は、
酒呑童子(しゅてんどうじ)という酒好きな鬼の頭領(盗賊の頭目)と鬼たちが暮らしていた山としても知られています。


そして、また、
源頼光と四天王が、

都に出てきては悪いことをする、
酒呑童子たちを退治した、
大江山の鬼退治」という逸話が残る山としても、広く知られています。







結婚してから、
娘のcicoが生まれ、
cicoが2歳になるまで、
わたしたち家族は、

兵庫県川西市満願寺(まんがんじ)という、
寺の近くに住んでいました。


あの頃、
満願寺の仁王門をくぐり、
境内で金太郎飴を買うのが、
cicoとわたしのお気に入りでした。



金太郎の伝説には、
諸説ありますが、
満願寺にも、
坂田金時(さかたきんとき)の墓があって、
金太郎の伝説が伝え残されています。





金太郎は、
天延4年3月21日(976年)、
足柄峠にさしかかった源頼光と出会い、
その力量を認められて、
頼光の家来となりました。

名前を坂田金時と改名し、
京にのぼり、
頼光四天王の一人となります。



そして、
坂田金時は、

頼光と、
他の四天王とともに、
大江山の鬼退治に向かいます。



山伏姿に身をかえて、
神変奇特酒(眠り薬入り酒)を使って、
酒呑童子を退治しました。






金太郎は、
兵庫県川西市のキャラクターになっていて、



金太郎さんは、

わたしにとっても、

cicoにとっても、

とても馴染みの深い人物で、



ずっと長い間、
金太郎さんは、
わたしたちのすぐそばに、
居てくれました。



わたしたちを、
見守っていてくれたのかもしれません。





金太郎さんたちに退治されたと言われている、
酒呑童子という鬼。

わたしとcicoは、
見たことがあります。




金太郎さんの寺の近くに住んでいた頃は、
その人が酒呑童子だとは、
気付きませんでした。




なぜ、
その人は、
鬼になってしまうのでしょう?




お酒を飲まなければ、
とても優しい人です。




お酒を飲むと、
鬼になり、




鬼になってしまうと、
誰にも、どうすることもできません。
その人の両親がどんなに言って聞かせても。




その人を生んだ、その人の母親からは、
鬼になって、
どうしようもなくなったら、
cicoを連れて逃げなさいと、
言われています。







ゆっくりと進むその人は、きっと、
人が見落としてしまうことも、
拾うことができる人です。



静かな人で、
お喋りは苦手です。



だから、
ほんとうは、
営業の仕事は、
向いていないのかもしれません。



その不得意な部分を、
あからさまに侮辱する人もいました。



酒呑童子にとって、この世の中は、
生きにくかったのかもしれません。





わたしは、
この人を成敗するつもりはありません。
長い間、一緒に生きてきた、
大切な人です。




でも、「鬼」は、
退治しなくては。
cicoのためにも。
わたしのためにも。




わたしには、
何ができるでしょう。


ひとつだけ、
分かっていることがあります。



ここに生まれてしまった、
「鬼」を退治するのは、
金太郎さんではありません。


わたしにしかできないんだと、
そう思っています。






「鬼は人の心がつくるもの」


「鬼」は、
「鬼のように見えるもの」は、
それを生み出してしまった、
わたしたちがつくった、
社会やしくみを変えなければ、

いつまでも、いつまでも、
あとから、あとから、
生まれてきて、
いつまで経っても、
居なくならない。




わたしにできる鬼退治の方法で。
わたし一人では小さなことしかできなくても、それでもいいから。





nicosa