あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

飛ぶ


こんばんは。nicosaです。




この前、商工会議所に行ってきました。


これから、起業の相談に、
のっていただくことになりました。

これまでも、たくさんの方の、
起業のお手伝いや、
小さな会社の企業改革のお手伝いを、
されてきたそうです。


無料です。


担当者の方と、
お会いするのは二回目で、
いろんなことをご存知で、
お話ししてるだけで、
とてもワクワクしました。


商工会議所のイメージが、
一変しました…




その担当者は、いつも、
「起業」じゃなくて、
「創業」と、おっしゃいます。


起業は「新しく事業を起こすこと」、
創業は「事業を創める(はじめる)こと」、
なのだそうです。


「創」は、
 
「創る(つくる)」という読み方もあり、
「新しいもの」をつくる時に使います。



「起こす」よりも、
「創る」の方が、
楽しそう。
なんとなく。





どんなことになっていくのか。



これから数ヶ月、

頭の中にあるものを、
心の中にあるものを、
自分の手で、
形にしていく作業を、


たぶん、

たくさんの人に助けていただきながらに、
なりそうですが、

がんばってみようと、
思います。









「ビジネス」は、


「金儲けの手段」?

「社会を変える手段」?


どう捉えるかは、
人それぞれかもしれません。

どちらが正解で、
どちらが間違いでもなく。






テレビの番組で、
神戸市でアジア料理店を、
経営している女性を取り上げていて、
その経営者の方は、
こう言っていました。



「社会問題をビジネスにする。」




アジアの国から、
結婚するために日本にやってきて、
日本の暮らしに馴染めずに、
その後、離婚し、


でも国へ帰ることもできず、
日本でうまく暮らしていくこともできず、

異郷の地で、
たった一人になってしまった女性たちを、

料理人として雇用している、
アジア料理店の経営者の方でした。




この人たちから目を背ける、そんな世の中に、自分が住んでいるのが嫌だから、変えていきたい、そのきっかけになればと、そんなふうにおっしゃっていました。



「社会問題をビジネスにする。」


とても素敵な、
考え方だと思いました。








強く高い志を持つ人のまわりに、
人は集まり、
物も集まる。


これからは、小さな「ビジネス」が、
社会を変えていくのかもしれない。










今、会社では、
異動前の仕事の残務処理をしていて、
その目処が立ったら、
デジタルアーカイブにかかわる仕事を、
することになりました。





博物館、美術館、公文書館、図書館、
神社や寺などの、
貴重な所蔵品や、

有形、無形の文化資源などを、
デジタル化し、
記録し、
保存する仕事です。


デジタル化して、
クラウドに保存しておくと、
ネットワーク環境があれば、
いつでも、どこでも、
閲覧することができるようになります。





デジタルアーキビストの、
資格も取ることになりました。
とても楽しみです。






資格試験の案内に、


「文化継承。それはわたしたち人間にとって大切なミッションです。」


と、
書いてありました。





創られる、
クラウドは、
ノアの方舟なのかも。










このお仕事だと、
勤務の仕方も、
自分の好きなように決められるので、
副業も可能です。




異動の段取りをしてくださった、
会社のAさんに、
とてもとても、
感謝です。





飛べるかな…

やっと、ここまで、
ここまで辿り着きました。



nicosa