あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

aimer


こんにちは。nicosaです。


昨日の夜は月がとてもきれいで、
そして肌寒い夜になりました。


今年の秋、はじめてコートを羽織りました。


cicoのサッカーの練習を待つ間、
月をぼんやりと眺めていました。







この練習場にはじめて来たのは、
cicoが小学1年生のときでした。



4月の初め、

太陽が沈むと、
まだ肌寒い、
春休みの夜でした。




わたしは春のコートを羽織って、
仕事を早退して、
cicoを連れて、
女子のサッカースクールが開かれている、
この練習場にやって来ました。




女の子とサッカーをしたら、
cicoは、
喜ぶんじゃないかと、

そう思って。



いつも、
男の子の中に、
一人だけの女の子。

男の子のお友だちはみんな、
いつもcicoと仲良くしてくれるけれど、
女の子とも、
サッカー、
してみたら、
それも楽しいかもしれないと思って。




体験練習を申し込んだら、
コーチの方は、
是非来てください!と、
おっしゃってくださいました。




その頃は、

まだ、

ペーパードライバーで、
車の運転に自信がなく、
仕事も忙しかったので、

家から離れたその場所に、
平日の夜に、
cicoを連れて来る自信はありませんでした。



せめて1日だけでも、
女の子とサッカーをと、
そう思って。



cicoは、
はじめは緊張していましたが、
サッカーボールをみんなと蹴り始めると、
満面のニコニコ笑顔になりました。


楽しそうに、
声を出して、
笑いながら、
ボールを蹴っていました。



体験練習に訪れた、
そのサッカースクールは、

今、cicoが所属している女子クラブチームの、

小学生の女の子向けのスクールでした。


チームのお姉さんたちが、
時々、
そのスクールの子どもたちと、
一緒にサッカーをしてくれます。


cicoも、
中学生になり、
チームに入り、
スクールの子どもたちと、
サッカーのミニゲームをしたり、
しています。






体験練習の日、
チームのお姉さんが、
一番小さいcicoに、
優しくパスを出してくれて、


cicoは初めて、
ミニゲームで、
ゴールを決めました。







cicoと同じように、
体験練習に来ていた、
小学4年生の女の子のお母さんが、


寒そうに練習を見ていた、
わたしの側に来て、

持って来ていた温かいお茶を、
コップに入れて、


わたしに渡してくれました。



「良かったらどうぞ。」


「温まりますよ。」




「体験ですか?」



「女の子と一緒に、サッカー、させてやりたいですよね。」


「あんなに楽しそうな娘、見たことない…」





「ふふふ。夜のサッカーの見学の時は、春でもこれぐらい着込まないと。」



「わたしね。あの子が生まれた時、あの子がサッカーするなんて思ってなかったし、わたしがこんな格好するなんて思ってなかったです。」



「ピアノとか?バレエとか?習うんだと思ってた。ふふふふ。」



そのお母さんは、
そう言って、
ちょっと困った顔で笑っていました。




「この格好してないとね、寒くて、寒くて。」



「こんな話、サッカーしてる女の子のお母さんにしかできないな、ふふふふ。」



「大変ですよ。大きくなればなるほど、男の子の中では、なかなか。」



「サッカーが好きな女の子がみんな、澤さんじゃないんだから。」





そのお母さんに貰った、
温かいお茶が、
わたしの心を、
じんわりと優しく、
あたためました。



今でも、
あの日のこと、
あの温かいお茶のこと、

ずっと、
忘れられません。







被災地で寒い夜を過ごしていらっしゃる、
たくさんの方に、
少し離れたところから、
温かいお茶を。






nicosa